エネルギーに関する理解を深めていただくため、俳優・気象予報士の石原良純さんをお招きし、島根県雲南市で「空を見よう! ~最近の気候変動と環境・エネルギー問題を考える~ 」と題して、エネルギー講演会を開催しました。

石原氏は気象予報士の観点から、最近の自然災害の甚大化について触れ、防災効果は「予報」「伝達」「避難」の3つの要素が一つになって発揮されるものと説明されました。
また、大災害の背景には地球温暖化があるとして、その防止に向けては発電時に二酸化炭素を排出する化石燃料の使用を減らすことが必要。太陽光、風力などの再生可能エネルギーによる発電が有効であるが、天候により発電量が変化するという短所もある。再生可能エネルギーや火力、原子力それぞれに長所・短所があるが、発電量を維持しながら、自然や私たちの生活を維持するためには、エネルギーのベストミックスが必要であるとお話しいただきました。

AH6I2722