広島市立中広中学校2年生5クラス(約190人)の理科の授業で「放射線教室」を実施しました。「知ることから始めよう放射線のいろいろ」をテーマに地上にも宇宙から放射線が降っていることや食物からも被ばくしていることなど、日常生活と放射線に関する基礎知識とともに放射線のいろいろな利用についても学習しました。その後、大型霧箱で放射線の飛跡を観察したり、測定器を使用して乾燥昆布や肥料、岩石など身近なものから出ている放射線の量を測定しました。

       20160707 中広中学校