エネルギー問題に対する理解を深めていただくため、島根県出雲市で「エネルギー講演会」を開催しました。出雲商工会議所、山陰中央新報社との共催。俳優・気象予報士の石原良純氏が「空を見よう!~最近の気候と環境問題を考える~」と題して講演し、最近の異常気象や地球温暖化の危機、自然災害への備えなどを説明しました。また、原子力の代替として石炭火力の使用が急増していることについて「二酸化炭素排出量の増加は地球温暖化につながる」と指摘。「原子力が怖いという意見もあるが、賛成・反対の二元論ではなく、現実を見て冷静に判断する必要がある」と訴えられました。そして、「経済力と技術力を備え持つ日本ならではのエネルギーの形を確立すべきだ」と提案されました。

IMG_0956