エネルギー問題に対する理解を深めていただくため、松江市で「エネルギー講演会」を開催しました。松江商工会議所との共催。テレビでも活躍する金美齢氏が「いま、日本に対して思うこと」と題して講演し、台湾から来日して以降、日台交流の促進に努めてきたことを紹介。震災前は環境問題一辺倒、震災後は脱原発一色と、「イエスかノーか、善か悪か」と決めようとする日本人の考え方に警鐘を鳴らし、「これまで努力して営々と築いてきたものに対する正当な評価を」と訴えました。